プロジェクションマッピングについて

企業や店舗がサービスや商品を紹介するための方法は画像が一般的でしたが、近年、映像を用いて広報する企業が多くなっています。映像は文字や画像で伝えるよりも直感的に伝えることができます。コンテンツは画像から映像重視へ変わりました。そのような背景と設備の導入のしやすさからプロジェクションマッピングは注目を浴びはじめました。

  • プロジェクションマッピングは最新版の映像投影技術である
  • パソコン、プロジェクター、専用ソフトウェア、HDMIケーブルの4点セットが必要
  • プロジェクションマッピングを事業としている企業や個人はteamラボやnakedIDが有名である
  • 企業が利用する小規模プロジェクションマッピングは販促に適している
  • ロゴや自社PV、商品紹介にプロジェクションマッピングは活用できる

プロジェクションマッピング とは

プロジェクションマッピングとは、パソコンで作成したCGとプロジェクターのような映写機を用いて、建物や空に映像を映し出す技術を言います。
最近ではクラブイベントやアミューズメント施設でも、大きな壁に向かってプロジェクションマッピングを行っています。
壮大な映像を誇るプロジェクションマッピングはイベントの目玉となり、集客効果も期待できます。
東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオ・ジャパンなどの、アトラクションやショーと絡めたプロジェクションマッピングは有名です。
しかし最近では、アミューズメント的な利用だけでなく、店舗の販促や企業紹介のようなコンパクト形式でプロジェクションマッピングを利用する企業が増えてきました。

example001

example002

example030

ビジネスに活かしたプロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングはどうしてもエンターテイメント寄りになりますが、企業も販促のために導入し始めています。エンターテイメント以外ではこのような使い方ができます。

自社ロゴを投影

自社ロゴを映像で表示し続ければ物体のロゴ標識が不要になりますし、店舗デザインに合せてロゴのデザインやサイズを自由に変更できます。

PVを流し続ける

オフィスを構えるような企業の場合は、営業時間中は受付などで企業PVを流し続けるのは良い使い方です。お客様が待っている時に退屈させないため&打ち合わせ前にお客様に自社をもっと知ってもらうためにプロジェクションマッピングを活用できます。

商品を映像で紹介する

取扱商品を映像で流し続けるのも物販店にとっては良い方法です。店舗に置けない商品や入荷予定の新商品は映像で流せば、立派なPRになります。このような他にはない、一風変わった表現方法はお客様の再来店の動機にもなります。

Projection Mapping

EXAMPLE

example004

example004

example005

example005

example006

example006